あんころの独りごっつ

名古屋じゃ、ちょっとだけ巷で知られるいるスーパー銭湯好きなお姉さんです。 2008年12月に、メ〜テレの報道番組に出演しました。 風呂に通い続けて5年以上は経っています。毎週末は当たり前、1日に2件の『はしご風呂』もやります。連休は毎日行ってます。数日連チャン当たり前! でも、風呂のことはあんまり書いていません。 ちなみに、わたしは… 法曹を目指してたが25歳で方向転換し、その後人材業界で5年営業とコンサルを経験。人材業界に入る前に、経理総務人事を約3年しています。 2010年に起業。 1.各種イベント、勉強会の企画 2.転職コンサルティング 3.気学鑑定士 4.FP技能士 卒業:関西大学法学部 趣味:スーパー銭湯開拓

October 2004

休日っぽい休日

久々に1日中家にいた。
昨日、またイベントをしてたし、最近オーバーワークで風邪引きかけてたのでね。7時間睡眠は久しぶりだ。
今日は、家の掃除をしながら部屋の掃除をしつつ、資料の整理や勉強などをしていた。夜は実家を手伝ったが、明日も7時半出社なのでお客さんが引いてすぐに上がった。
今から少し自分の仕事をするつもりだ。

短いけど今日はこれでおしまい。

美濃加茂での気付きについて

昨日、美濃加茂に行ってきた。
何県?ってかんじかなぁ。

友達がそこに栄転しちゃって、会いに行ってきた。
久しぶりに一緒に行ったツレも交えて、語った。

「語る」現象が自分に一番多く起こってたんは大学時代じゃなかろうか。。
自由な時間が沢山あったからと、「語る」に相応しい場があったからじゃなかろうか。

あと、妙に「語る」に餓えてたような気もする。

でも、今はあんまり餓えていない。
なんでだろう。。

「時間がない」「余裕がない」などの理由で、当時ほどヒトと接する事を億劫にしてるからじゃないかと私は思う。
「今までに出来た人間関係で満足してるしー」みたいな。


考えてみたな結構怠慢だよね。
スチャダラじゃないけど、「あんた誰?」みたいな感じやわ。

「語る」のが嫌いなんじゃなくて、面倒臭いんかなぁ。

「あの子はああゆう子だから…」って決め付けて、それ以上知ろうとしない行為にも、何か通じてる感もある。

これもある意味、向上心に似たものが欠乏してるのではなかろうか。



今回久々に語るのがとても新鮮で心地よかった。

何で新鮮だったかというと、上記の体験をしたからだ。

ヒトの考え方など、ヒトというのは手相のように刻一刻と変化していくもの。
それに気づいていそうで、実際今回の件に関しては気づかなかった。

そう、今までの中で一番相手を理解した一日だった。
今までの、長い友人歴の中でね。

続きを読む

あんきち、夢を語る。。

ビッグになるっちゅうのを、小学校の時から言い切ってました。
意味もわかってるんだろうかなぁ、ただひたすら偉くなりたかった。

夢の変遷。。。
幼稚園の時→ピアノの先生
小学校の時→学校の先生
中学校の時→医者(小児科か皮膚科)
高校の時からずっと→司法書士

今は、社長の癖に社長っぽくない自由な人間になりたい。
時間にもお金にも縛られず、自分に関わる全ての人を幸せにしてあげられる…、そんな人になりたい。
良くも悪くも「好き勝手出来る」人ね。

駆け引きも腹の探りあいもなく、安心しきった人間関係の中で。。

そんで、やりたくなったら司法書士でも、何でも勉強もするし。
自分が豊かになり、自分の周りも豊かになったら、慈善活動もしてみたい。
実際、現地で何も出来ないし、やはりナリッシュザチルドレンのプログラムからのビタミールの支援になるだろうが、是非取り組みたい。

今は、終身雇用も常識ではなく、今より弱肉強食の時代になる。
定時昇給もなく、若造がオヤジを仕事上怒鳴りつけるシーンも普通になってくだろう。
年金だって、わたしらが対象になった時は、掛け金割れは確実の情勢。
自分で自分の身もあと両親も守らなければいけない。

前のペイオフもそうだったが、実際そうなることは事前にだいぶ前から
公表されている、それなのに皆他人事のように気にもしてないで、、
いざ施行されたら焦りに焦って銀行にかけこんだよね。

次々と、更に更に過酷な現実が波打って押し寄せてくる。準備せずには、
今後路頭に迷いかねない。

それを回避する為、もう一度自分を輝かせる為、自分のアイデンティティーの為、家族を救う為…、インタネットワーキングを本気ですると決めた。

今は、会社員(営業)、実家の店の手伝いと3つこなしている。
30歳までには、時間的経済的自由を勝ち取るつもりだ。

続きを読む
最新コメント
livedoor プロフィール
記事検索
訪問者数

  • ライブドアブログ